コンテンツマーケティングでは「輝く星」より「星座」をつくろう

物が売れない時代。

世の中には情報があふれ、
企業が発するメッセージは、
お客様に届きにくくなってしまいました。

漠然と存在する情報は、
夜空にまたたく
一つひとつの星のようなもの。

ただバラバラに光るだけでは、
なかなか気づいてもらえません。

マーケティングコミュニケーションで
よく言われる
USP(Unique Selling Proposition)
=独自のセールスポイントは、
企業が持つ、最も輝く「ひとつ星」です。

しかし、北極星のような
唯一無二の、光り輝く星を生み出すことは
多くの中小企業にとって
ハードルが高いことではないかと思います。

少々の光では、
数多の星が瞬く夜空の中で
埋もれてしまうことでしょう。

でも、星をつないで
「星座」をつくることによって
新しい価値が生まれ、
人々の心にいつまでも残るのです。

ストーリーを持つ「星座」が
多くの人々の心に残るように、
ストーリーのあるメッセージは
人を動かす力を持っています。

そんな理由から、
コンテンツマーケティングでは、
人や会社、商品、サービスなどがもつ
「ファクト(事実)」という星をつないで
新しい「星座」をつくる
=ストーリーを生み出すこと が
求められているのです。

関連記事

  1. ストーリーで伝える(1)

  2. ストーリーで伝える(3)

  3. ストーリーで伝える(2)

  4. ストーリーで伝える(4)