ストーリーで伝える(2)

マーケティング活動で使われる
「ストーリー」の3つの意味を
解説するシリーズ第二弾です。

<ストーリーの3つの意味>
1.物語(narrative)
2.構成(construction)
3.流れ(flow)

今回は、

2.構成(construction)

についてです。

ストーリーのあるプロフィールを作ろう!
商品をストーリーで紹介しよう!

などの場合、

ストーリーという言葉は、
「構成」というニュアンスでも
使われることが多いと思います。

人が感動する、共感する「構成」には型があり、
アメリカの神話学者ジョセフ・キャンベルが
神話を研究する中で見出した

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)

が有名です。

スターウォーズはヒーローズ・ジャーニーを
参考に創作されたそうですよ。

ヒーローズ・ジャーニーの構成要素は、以下となります。

1.平凡な日常

2.旅への誘い

3.旅からの逃避

4.賢者との出会い

5.第一関門突破

6.敵、仲間、試練との出会い

7.危険な場所へ

8.厳しい試練

9.報酬

10.帰途

11.再生(最後の試練)

12.宝を持って帰還

「どこかで見たような話だな」と思われるでしょう。
この構成で物語をつくると、
誰もが共感できるストーリーになります。

私は、この「文章の構成」に最もこだわっています!

2.構成(construction)
についての解説は次回につづきます。

<参考図書>
物語の法則
強い物語とキャラを作れるハリウッド式創作術

http://amzn.asia/9PfrhQC

関連記事

  1. コンテンツマーケティングでは「輝く星」より「星座」をつくろう…

  2. ストーリーで伝える(1)

  3. ストーリーで伝える(3)

  4. ストーリーで伝える(4)