ストーリーで伝える(1)

ストーリーのあるメッセージを!
マーケティングコミュニケーションの場面で
よく使われる言葉です。
でも、ストーリーって、何を指しているのでしょうか?

私が考えるストーリーは3つあります。

1.物語(narrative)
2.構成(construction)
3.流れ(flow)

これから数回ににわたって、私が考える
「ストーリー」の3つの意味を解説したいと思います!

さて一つ目は
物語(narrative)
です。

narrative
には、
・事実に基づく物語
・話術、語り口
という意味があります。

広告やPRでよく用いられるのは、
人の体験や、企業・商品・サービスにまつわる
事実(=ファクト)を基にした、
この、物語(narrative)的な手法です。

・創業物語
・起業物語
・研究開発物語
・商品やサービスへのこだわり
・社長の生い立ち
・社員の成長物語
・◯◯の舞台裏
・お客様の声

などなど。

真新しい手法ではないので、
きっと、どこかで見たことがあると思います。

ひと昔前は、
会社名や商品名だけでは
勝負できない小さな企業が、
お客様の信頼を得て
ファンになってもらうために
物語手法を取り入れていました。
(通販会社とか)

今では、
大手企業も物語を公開して、
お客様の共感を集めようとしています。

人の口から語られる物語に
人は共感しやすいもの。
共感はSNSなどで共有され、拡散されます。

広告やPRで
ストーリー(物語)が重要と言われるのは、
共感を得やすいからなのです。

 

次回へつづく

関連記事

  1. ストーリーで伝える(2)

  2. ストーリーで伝える(4)

  3. ストーリーで伝える(3)

  4. コンテンツマーケティングでは「輝く星」より「星座」をつくろう…