マーケティング

ストーリーで伝える(4)

ちょっと間が空いてしまいましたが、
マーケティング活動で使われる
「ストーリー」の3つの意味を解説する
シリーズの4回目です。

<これまでの記事>
ストーリーで伝える(1)
ストーリーで伝える(2)
ストーリーで伝える(3)

<ストーリーの3つの意味>
1.物語(narrative)
2.構成(construction)
3.流れ(flow)

今回は、
3.流れ(flow)
についてです。

お客様が情報に接してから
実際に購買行動を起こすまでの
ステップ(流れ)は、
「カスタマージャーニー」とも呼ばれています。

またもや冒険の旅ですね。

商品やサービスを
買うまで ~ 買ったとき ~ 買った後の
お客様の心の動きに合わせた「流れ」で
コンテンツやプロモーションを
組み立てることも「ストーリー」という
言葉で表現されることがあります。

お客様は、何かの情報に触れて
すぐに購入行動を起こすとは限りません。

消費者の購買行動は
マーケティング用語で「AISAS」と言います。

Attention(注意)

Interest(関心)

Search(検索)

Action(購買)

Share(情報共有)

「AISAS」をベースに、
お客様の購買行動に合わせた
ストーリーを組み立ててみましょう。

 

関連記事

  1. マーケティング

    ストーリーで伝える(1)

    ストーリーのあるメッセージを!マーケティングコミュニケーションの場…

  2. マーケティング

    「何を言うか」より「誰が言うか」

    広告制作会社でコピーライターをしていたとき、広告や販促ツールの考え方…

  3. マーケティング

    コンテンツマーケティングでは「輝く星」より「星座」をつくろう

    物が売れない時代。世の中には情報があふれ、企業が発するメッ…

  4. マーケティング

    ストーリーで伝える(2)

    マーケティング活動で使われる「ストーリー」の3つの意味を解説す…

  5. マーケティング

    ストーリーで伝える(3)

    マーケティング活動で使われる「ストーリー」の3つの意味を解説す…

お知らせ

  1. 登録されている記事はございません。

おすすめ記事

2020年3月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  1. マーケティング

    ストーリーで伝える(4)
  2. マーケティング

    ストーリーで伝える(3)
  3. マーケティング

    ストーリーで伝える(2)
  4. 起業・スモールビジネス

    現状分析で今やるべきことがわかる
  5. マーケティング

    コンテンツマーケティングでは「輝く星」より「星座」をつくろう
PAGE TOP